耳を澄ます、手をさしのべる


ファシリテーター

わかちあいの会は、参加された方が、安全な環境で、安心して、自らのこころの内をはき出すことができる時間と場所を提供する場です。そのことを確実に行うようにわかちあいの会を運営するのが「ファシリテーター」です。ファシリテーターとは、手助けする人という意味で、参加者が、ご自分のこころを見つめ直す作業をお手伝いする役割、ということになります。また、わかちあいには、ファシリテーターの他に、受け付け、会場設営などの役割を担うスタッフも必要です。


詳しくはこちら


会員登録

皆さまにNPO法人仙台グリーフケア研究会の趣旨をご理解いただき、活動をサポートいただける会員を募集いたしております。 ぜひ、一人でも多くの方、一つでも多くの団体やグループが当NPOへ入会して、ご支援・ご協力をいただきますようお願いします。


詳しくはこちら


寄付

NPO法人仙台グリーフケア研究会は、家族や身近な人を失った方々の「わかちあいの会」の開催、グリーフケアの啓発、自殺予防対策をテーマとしたシンポジウムの開催などの活動をしています。皆さまからのご支援によって、会場料・通信費等に充て運営している団体です。どうぞ、研究会の活動の趣旨をご理解いただき、皆さまのお気持ちを寄付というかたちでお送りいただきたく、切にお願い申し上げる次第です。

詳しくはこちら